XC70(ボルボ)の中古車一覧

あんしん・なっとくの中古車探しをオンライン予約でスマートに!

沖縄のXC70(ボルボ)の中古車が1台ヒットしました レビュー総合評価 ボルボ XC70 4.3 ★★ ★★ ★★ ★★ ☆ 12

  • 年式
     〜 
    走行距離
     〜 
    車両価格
     〜 
    ASKを含めない
  • グレード
    地域
  • キーワード

  • この条件で沖縄の中古車 新着情報を絞り込む
  • 沖縄の中古車情報 新着情報をリセットする
  • この条件を沖縄の中古車お気に入り検索に登録

沖縄のXC70(ボルボ)の中古車1台のうち 11台を表示

  • 本体価格
    高い
    安い
  • 支払総額
  • 走行距離
  • 年式
  • 修復歴
  • カラー
  • 車検/整備
  • 地域

ボルボ ボルボ XC70 3.2SE AWDディーラー車・4WD・キーレス・禁煙車

2人が検討中です
  • 複数画像
  • オンライン予約可

本体90万円

総額98万円

  • 5.4万km
  • 2008
    (平成20)年
  • 修復歴
    無し
  • ブラック
  • 2021
    (令和3)年
    5月
  • 中頭郡北谷町
株式会社 ケンオート
住所:沖縄県中頭郡北谷町北谷1-4-10

販売店へお問い合わせ

0066-9702-869926

沖縄のXC70(ボルボ)の中古車1台のうち 11台を表示

XC70のレビュー (全12件

  • 気取らリラックス出来る XC70クロスカントリー
    投稿者:hiro1001
    個人総合評価:4.6 ★★ ★★ ★★ ★★ ★
    【所有期間または運転回数】 セカンドカーにスイスポのMTを所有しているので 週末のみの使用です。 軽量コンパクトのスイスポに対し、相反するカテゴリーでカジュアルに気楽に乗れる ロングツアラーです。 【総合評価】 1泊2日で600キロ超えのドライブに行きましたが、本当に疲れない、 ロングホイールベース+ワイドトレッド+AWDの恩恵で安定感抜群で楽チン。 国産車には無い満足感が有り、末永く付き合いたい車です。  【良い点】 ゆったりした車内とすっきりしたインテリアはとても好感がもてます。 質感も高く、レザーシートに大きな車体、とても楽で安心できます。 車体の見切りも良いため 取り回しもとても良いです。 ライトプレッシャーターボのおかげで、重い車体を軽快に走らせることが出来ます。 燃費に関しては当然アクセルワークにもよるのでしょうが、リッター6〜13キロ前後と 想定以上の好燃費と思います。 【悪い点】 テインの車高調を履いたスイスポと比較するのは酷ですが、足回りにはもう少し しっかり感が欲しい。
  • 皆さんが色々言うよりボルボはね!
    投稿者:ボルボファミリー
    個人総合評価:4.3 ★★ ★★ ★★ ★★ ☆
    【所有期間または運転回数】三ヶ月ぐらいかな 【総合評価】 ネットでやれ中国だと書かれていますが、私は三回目のボルボにのりましたが、現在も安全で所有する価値のある車です。足も速いシリーズは速いです。 【良い点】 所有して長く使えばわかります。デモカーなども良いし皆様が思うほどボルボカーズで買えば故障も無く、修理も高いと思えば相談したり街の修理屋でも可能です。 【悪い点】 最近の車は安全センサーばかりなので壊れたらお金がかかるかもしれませんね。
  • 燃費と価格以外は満点です
    投稿者:んじょも
    個人総合評価:4.1 ★★ ★★ ★★ ★★ ☆
    【所有期間または運転回数】  9年以上 【総合評価】  評価をご覧のとおり、燃費と価格以外はすべて満足です。 【良い点】  一番良いところは走行安定性です。運転に自信がない人でも車体は大きいですが、横風、強風、悪天候、悪路に対してびくともしません。ものすごく安心して運転できます。乗り心地もこの車以上の車に出会ったことはありません。埼玉から北陸まで、体にストレスなく行けてしまいます。だから、この車の維持にお金がいくらかかろうと他の車に買い換えたいとはおもいません。 【悪い点】  燃費が悪いです。最近では特にひどいのですが、市街地では5キロ以下ではないでしょうか。 高速でも7キロです。あと、9年たっているので、どこかしこに修理やメンテナンスがかかりますので、車検やその他整備で年間10万円以上はメンテナンスに費用が掛かっています。
  • どっしりした安定感が光る上級クロスオーバー
    投稿者:森野 恭行
    個人総合評価:4.0 ★★ ★★ ★★ ★★ ☆
    【総合評価】   ボルボの上級エステートであるV70をベースとしたクロスオーバーモデル。ハルデックスカップリングを核とするオンデマンド4駆メカと余裕あるロードクリアランスが技術的な見どころで、レジャーユースの可能性を広げる高い走破性を実現している。オーバーフェンダーを採用し、ちょっとワイルドな装いとしたルックスも魅力的だ。  バリエーションについては、かつてはより身近な直5ターボモデルも存在したが、今は3L直6ターボを積むT6のみの設定。ダウンサイジングの方向に向かうほかのボルボとは異なる戦略だ。 【良い点】   乗員を自然とリラックスした気分にさせる大らかな乗り味がXC70の大きな魅力。その面では、大柄なボディと重めの車重がプラス方向に作用していて、格下のモデルでは味わえない真のゆとりを提供してくれる。  もちろん、動力性能や静粛性も文句のないものだ。どこから踏んでもぶっといトルクが涌いてくる印象で、本気になったときの速さも300馬力オーバーのパワーを納得させるもの。6気筒ならではのスムーズネスも、走りの上質感をかもしだすカギになっている。今の時代、1.9トン程度のモデルなら4気筒の2Lターボで十分に走らせることができるが、フィーリングとなると6気筒3Lのゆとりはやはり捨てがたい魅力。そこに贅沢さを実感することができる。 【悪い点】   直6横置きというユニークなパワートレーン配置を採用することもあり、全幅はかなりワイドな設定。全長も大柄で、狭い路地や駐車場では取り回しに苦労することがある。そして、少し疑問を感じるのはタイヤ選択。オールシーズンタイヤを履いているが、ドライ路面でのグリップ性能は高くはなく、乗り心地面でもやや足を引っ張っているような印象がある。ウインターレジャーや、寒冷地・積雪地での使用を考えれば、冬場はどうせスタッドレスを履かなければならないのだから、標準はサマータイヤのほうがいいだろう。

他のレビューもチェックする

  1. XC70
あんしん・なっとくの中古車探しをオンライン予約でスマートに!