アウトランダーPHEV(三菱)の中古車一覧

  1. 沖縄中古車
  2. 中古車検索:メーカー一覧
  3. 三菱
  4. アウトランダーPHEV
お気に入り検索
沖縄の中古車選びの新基準 中古車買うならグー鑑定

沖縄のアウトランダーPHEV(三菱)の中古車が4台ヒットしました レビュー総合評価 三菱 アウトランダーPHEV 4.1 ★★ ★★ ★★ ★★ ☆ 56

  • 年式
     ~ 
    走行距離
     ~ 
    価格
     ~ 
    グレード
    地域
    その他
    360度画像

    キーワード

    ローンの種類を選択

    サービスを選択

    オンライン予約

沖縄のアウトランダーPHEV(三菱)の中古車4台のうち 14台を表示

した車をまとめて検討中に追加 まとめて無料問い合わせ

三菱 アウトランダーPHEV G 禁煙車 純正ナビ Bluetooth TV CD DVD ETC クルーズコントロール シートヒーター ドライブレコーダー コーナーセンサー 衝突軽減システム パワーシート レーンキープアシスト

  • 更新
  • 複数画像
  • オンライン予約可
支払総額(税込)
217.8万円
車両本体価格(税込)
212.9万円
諸費用(税込)
4.9万円
  • 走行距離6.2万km
  • 年式2018(平成30)年
  • 修復歴修復歴無し
  • カラーアメジストブラック
  • 車検なし
  • 法定整備:整備付
  • [保証付]:3ヶ月・走行無制限
ガリバー 58号宜野湾店
住所:沖縄県宜野湾市宇地泊1丁目1番8号

販売店へお問い合わせ

0078-6048-119426

三菱 アウトランダーPHEV Gナビパッケージ ハーフレザーシート パワーバックドア 全方位モニター   衝突被害軽減ブレーキ レーンキープアシスト フロント席パワーシート クリアランスソナー

  • 複数画像
  • オンライン予約可
支払総額(税込)
247.8万円
車両本体価格(税込)
240万円
諸費用(税込)
7.8万円
  • 走行距離2.2万km
  • 年式2018(平成30)年
  • 修復歴修復歴無し
  • カラーシルバー
  • 車検2024(令和6)年6月
  • 法定整備:整備無
  • 保証無
ユーポス 那覇新都心店
住所:沖縄県那覇市おもろまち4-20-28

販売店へお問い合わせ

0078-6048-119526

三菱 アウトランダーPHEV Gナビパッケージ 純正SDナビ 360°ビューモニター 衝突被害軽減ブレーキ LDA レーダークルーズコントロール 充電ケーブル有

  • 複数画像
  • オンライン予約可
支払総額(税込)
195万円
車両本体価格(税込)
185万円
諸費用(税込)
10万円
  • 走行距離6.7万km
  • 年式2015(平成27)年
  • 修復歴修復歴無し
  • カラーチタニウムグレーメタリック
  • 車検車検整備付
  • 法定整備:整備付
  • 保証無
ユーポス 那覇新都心店
住所:沖縄県那覇市おもろまち4-20-28

販売店へお問い合わせ

0078-6048-119526

三菱 アウトランダーPHEV Gナビパッケージ 本土車 R4年2月駆動用バッテリー交換済み EV走行50km超え 100V電源 ナビ バックカメラ サイドカメラ ETC

  • 複数画像
支払総額(税込)
115万円
車両本体価格(税込)
110万円
諸費用(税込)
5万円
  • 走行距離13.0万km
  • 年式2014(平成26)年
  • 修復歴修復歴あり
  • カラーブルーM
  • 車検2026(令和8)年3月
  • 法定整備:整備付
  • [保証付]:1ヶ月・1000km
株式会社 E-ステップ
住所:沖縄県中頭郡西原町小波津527-1

販売店へお問い合わせ

0078-6042-288226

沖縄のアウトランダーPHEV(三菱)の中古車4台のうち 14台を表示

アウトランダーPHEVのレビュー (全56件

  • 新世代プラットフォームを使用した三菱のフラッグシップSUV
    投稿者:影月禅斗
    個人総合評価:4.0 ★★ ★★ ★★ ★★ ☆
    【このクルマの良い点】 三菱 アウトランダーPHEVの中でも、Mグレード、Gグレードの上に位置するのがPグレードモデル(7人乗り)です。インストルメントパネルを貫く、水平基調のすっきりとしたデザインが気に入って選びました。十分ゆとりを感じられる広々とした車内空間は、上質感にあふれていて、走りも静かなので長時間乗っていても疲れません。 三菱自動車独自の両運動統合制御システムS−AWC(Super All Wheel Control)を採用しており、走行安全性が高いだけではなく、操縦性も抜群です。ハンドリングはどんな路面状況でも、イメージしたとおりのラインをトレースできるように設計されているので、走っていてストレスを感じることがありません。 PHEVシステムによって長いEV航続距離を実現できるので、バッテリー残量を気にせずにロングドライブできる点が何といってもアウトランダーPHEV Pのメリットです。なめらかな走り心地と力強い走りが楽しめます。 【総合評価】 アウトランダーでは普通充電と急速充電の他に、エンジンでの発電と3種類のチャージスタイルを選べます。ライフスタイルに応じて、走行中でも充電可能なため、ストレスもなく、快適にドライブを続けられる点が気に入っています。タイマー充電を使えば、電気代の安い深夜に充電出来る為おすすめです。また、MITSUBISHI CONNECTによってモバイルアプリからも設定可能です。 それだけではなく、車のバッテリー電力を100AC電源として使えるので、アウトドアでコーヒーメーカーや炊飯器なども使用できます。フルフラットにすれば、大人でも横になれるスペースを確保できるので車中泊もOK。満充電の状態なら、「V2H(Vehicle to Home)」で最大12日分の一般家庭電力量が非常用電源でまかなえるなど、防災面から見てもおすすめの車といえるでしょう。 これからの一台を探している方には、まちがいなくおすすめなのが三菱 アウトランダーPHEV Pです。
  • 三菱の国内向けフラッグシップSUV・力強いデザインが特徴
    投稿者:アネモーネのぼ
    個人総合評価:4.4 ★★ ★★ ★★ ★★ ☆
    【このクルマの良い点】 三菱のアウトランダーは、国内向けのフラッグシップSUVとして開発された車種です。 現行モデルは3代目で、2021年にフルモデルチェンジが行われました。 7人乗りモデルやPHEVモデルもリリースされるなど、再び脚光を集めている一台なのです。 アウトランダーPHEVの最大の特徴は、外部充電が可能な点です。 一定距離において電気自動車として走行可能なPHEVは、高い環境性能と燃費の高さから注目を集めています。 PHEVの魅力に加えて、SUVとしての力強い走りや利便性を兼ね備えているところが高く評価されているポイントです。 「威風堂々」というコンセプトのもとデザインされており、シャープさや力強さを感じさせてくれます。 過去にはグッドデザイン賞を受賞しており、見た目のかっこよさやデザイン性の高さも人気のポイントです。 2.4Lエンジンにツインモーター×S−AWCを搭載しているのも大きな特徴です。 走行状況やドライバーの意図を汲み取り、安定した走行と操縦性を体感できるでしょう。 【総合評価】 三菱のアウトランダーPHEVは、ガゾリン車とは異なり、電気自動車としても走行できる車として人気を集めています。 電気だけでも最大87kmも走行できるため、日常使いとして使う分には非常にコスパがいい一台と言えるでしょう。 ガソリン代が高騰する中、非常にお得に感じる機会も増えていくはずです。 200vの普通充電の場合は7.5時間でフル充電が可能で、急速充電器の場合は40分弱でおよそ80%を充電できます。 充電スポットが近くにあるエリアであれば、出先で充電が少なくなった際も安心です。 500km走行する際にかかる電気代はおよそ3,500円ということからも、経済的と言えるでしょう。 さらに、それぞれの座席にスマホ格納スペースを設けていたり、リアシートも前後スライドやリクライニングができたりと、快適な室内スペースが広がっているのもうれしいポイントです。 車を購入後のランニングコストを抑えたい方はもちろん、環境に配慮した車を購入したい方にもおすすめの一台です。
  • PHEVの先駆者・三菱が産んだ名車
    投稿者:空の上のジェルヴェーズ
    個人総合評価:3.9 ★★ ★★ ★★ ★ ☆
    【このクルマの良い点】 リアとフロントで駆動する2つのモーターでパワフルな走りを実現。モーターの動きは非常に滑らかで、バッテリーがしっかり残っていれば、スポーツモードでの加速はトップクラスの車種と競えるほどの力強さではないでしょうか。2.4L 4気筒DOHCも力強く加速し、重量感のある車体をグイグイと引っ張ります。ビルシュタインのサスを搭載しているためか、足回りの安定性も高く、吸い付くような接地フィール。カーブが多い山道などもしっかりグリップします。 また、一般的なEV車よりも静寂性が高いと感じました。モーターやインバーターなどの音が全くと言っていいほど車内に届きません。子どもたちも、車に乗るとすぐに眠ってしまいます。 運転席は純正シートでも座り心地が抜群です。サイドのサポートが肩までしっかりホールドする形状である上に、ウレタン二重構造の座面を搭載しているため、数時間運転していても疲れなくなりました。機能性を重視したインテリアも使いやすいと思います。インパネ周りもすっきりしていて、ナビやエアコンも運転席から操作しやすい絶妙な配置です。 【総合評価】 走行性や燃費に関しては大変満足しています。下道を走った時の振動も少なく、全ての窓を閉じた際の静けさは格別です。家庭に充電設備があれば、往復40kmの日常の移動の場合、深夜の電気代で150円から200円程度で対応できるのも嬉しいポイント。さらに、AC100Vの出力を持つため、キャンプでも大活躍。独自の電気機器を持たなくても炊飯やIH調理が可能です。燃費万能なアウトランダー PHEVとはいえ、さすがに家族4人で寝るのはキツかったです。ソロキャンプなら快適な車中泊ができそうなので、今度試してみようと思います。 気になるところは、収納力と3列目シートの狭さです。子どもがいる我が家では、小さいハンカチや除菌シート、ミニペットボトルやおもちゃなどの小物を収納したい場面が多いので、ポケットやトレーがもっとあると助かります。また、3列目の席は狭めで大人が座ると少々窮屈で、高齢の父母は乗り降りが大変でした。このことから3列目は、子ども限定か荷物置きになってしまいがちに。7人乗りですが、大人5人での乗車を前提として使った方が快適かもしれません。
  • この車でしか見えない世界がある!力強さと燃費性に優れたSUV
    投稿者:喜久蔵ラーメン新発売
    個人総合評価:4.1 ★★ ★★ ★★ ★★ ☆
    【このクルマの良い点】 アウトランダーPHEVの大きな魅力は3つの機能性です。 大容量バッテリーを搭載したプラグインハイブリッド、三菱といえば長年業界を引率してきたAWC技術、走行性を高めるS−AWCの3つが組み合わさった車で、他メーカーでは味わえないストロングスタイルが味わえる車になっています。 プラグインハイブリッドに関しては、家庭用の100/200Vで充電できるだけでなく、外出先でも素早く充電できる急速充電を可能としています。単純に充電だけでなく、エンジンで発電してバッテリーを充電することも可能です。バッテリーの総電力量は20kWhで、EV航続距離(WLTCモードのEV走行換算距離で83〜87km)を可能とした大容量バッテリーになっています。 S−WACに関しては、路面状況や運転スタイルに最適化した車両運動特性が選べる7つのドライブモードを設けています。これはアウトランダーPHEVを選ぶ理由であり楽しめる一つの特徴です。 AWCに関しては説明するまでもなく、三菱のDNAと呼べるシステムであり、悪走路で致命的なミスを発生させない仕様になっているのでアウトドア好きには間違いない装備といえるでしょう。 【総合評価】 PHEVの先駆けとして発売されていたアウトランダーの3代目。大容量のバッテリーで長期運転を可能にし、待望の7人乗り仕様と変化してより多くの人が使える車となりました。 外観に関しては、4WDといえばゴツくなりがちだが重すぎず軽すぎずといったバランスの良いデザインになっているため、老若男女問わず楽しめる雰囲気といえます。また、時代に合わせて先進的なデザインも取り入れてラグジュアリーな雰囲気も漂う車でしょう。 外観だけでなく、内装も細部まで上質なデザインで高級感漂う車になっています。 車両運動統合制御システム「S−AWC」は、これまでとは違うトルク配分が搭載され性能を向上。前輪左右のトルク配分に加え、新たに後輪左右のトルク配分機能が追加されたことで、より高度な制御が可能です。普段使いからアウトドアまで問題なく走りを楽しめます。 EVはパワーの問題が懸念されがちですが、バッテリー容量とパワーの増加によってEV走行でも充分なパワーを発揮するため、これまでのPHEV車とはくらべものにならないでしょう。

他のレビューもチェックする

  1. 沖縄中古車
  2. 中古車検索:メーカー一覧
  3. 三菱
  4. アウトランダーPHEV
あんしん・なっとくの中古車探しをオンライン予約でスマートに!