沖縄県の中古車をトヨタ センチュリーから探す2件中 1~2件を表示

  1. 沖縄中古車
  2. 沖縄県の中古車をこだわりの条件から探す
お気に入り検索
あんしん・なっとくの中古車探しをオンライン予約でスマートに!

沖縄県でトヨタ センチュリーの中古車が2件ヒットしました。 レビュー総合評価 トヨタ センチュリー 4.0 ★★ ★★ ★★ ★★ ☆ 17

  • 年式
     ~ 
    走行距離
     ~ 
    価格
     ~ 
    グレード
    地域
    その他
    360度画像

    キーワード

    ローンの種類を選択

    サービスを選択

    オンライン予約

沖縄県でトヨタ センチュリーの中古車 2件中 12

した車をまとめて検討中に追加 まとめて無料問い合わせ

トヨタ センチュリー  V12・EMVツインマルチ・本革フルパワーシートVr

  • 複数画像
  • オンライン予約可
支払総額(税込)
209万円
車両本体価格(税込)
198万円
諸費用(税込)
11万円
  • 走行距離11.0万km
  • 年式2000(平成12)年
  • 修復歴修復歴無し
  • カラーブラックM
  • 車検車検整備付
  • 法定整備:整備付
  • [保証付]:3ヶ月・5000km
GARAGE-沖縄 琉大前本店
住所:沖縄県中頭郡中城村南上原1053

販売店へお問い合わせ

0078-6049-597226

トヨタ センチュリー フロアシフト

  • 複数画像
支払総額(税込)
-万円
車両本体価格(税込)
ASK万円
諸費用(税込)
-万円
  • 走行距離26.6万km
  • 年式2013(平成25)後
  • 修復歴修復歴無し
  • カラーパールホワイト
  • 車検なし
  • 法定整備:整備無
  • [保証付]:1ヶ月・1000km
AUTOSHOP せでゅーすおーと
住所:沖縄県沖縄市登川2-24-10

販売店へお問い合わせ

0078-6044-476826

沖縄県でトヨタ センチュリーの中古車 2件中 12

センチュリーのレビュー (全17件

  • 全てが心地良い国内最高峰のショーファーカー
    投稿者:空の上のジェルヴェーズ
    個人総合評価:3.9 ★★ ★★ ★★ ★ ☆
    【このクルマの良い点】 とにかく見た目が最高です。「いかにも日本のリムジン」という感じの四角いデザインで、スッキリした平行フロントグリルと輝く鳳凰エンブレムからは、威厳すら感じます。少し古臭いデザインと感じる方もいるようですが、私にはそう感じることはなく! 3代目のフルモデルチェンジでは、全高が1475mmから1505mmまで上がったうえに、流線形を取り入れたことでスタイリッシュな見た目に仕上がりました。 インテリアももちろん高級感にあふれています。後部座席にはタッチパネル付きの大型アームレストと大型のモニターが設置。マッサージ機能付きでヘッドレストも傾斜し、足置きまで完備しています。後部座席のVIP感は、中古車であってとしても変わりません。 パワーユニットは、4968ccのV8のハイブリッドエンジン。モーターで滑るように発進し、最大トルク510Nmによるパワフルに加速します。パワーモードを使うとさらに加速性が上がりますが、ガンガン飛ばす車ではないので私には不要でした。運転時の騒音はほとんどなく、アイドリング時は無音に近い状態。FR+CVTということもあり、不快な振動やノイズがありません。 【総合評価】 後部座席の居心地の良さに目が行きがちですが、運転席も快適です。10段階の電動シート、電動ステア、オルガン式ペダル、左足用のフットレストなどの装備を搭載しているので、何時間運転していても疲れません。3代目からは安全装備に衝突回避支援や、車線逸脱警、レーダークルーズコントロールなどが追加され、安全性も高まりました。高速道路の走行が快適でずっと走り続けてしまい、気付いたら片道数百キロのドライブになっていたこともあります。 車体は大きく小回りが効きにくいので、車庫入れや駐車で苦労するのは仕方がありません。また重量は2370kgもあるので、ブレーキも早めに踏む必要があります。3代目で燃費は改良されたとは言え、ハイブリッドで11〜14km/Lほど。修理用パーツの入手も難しく、メンテナンスがしにくいのもデメリットと言えます。 しかし、気になる点があったとしても、贅を極めた車内空間を知ってしまった後では些細な事に感じてしまいます。子どもの頃から憧れたセンチュリーに乗れて大満足です。
  • 長年愛され続けるトヨタのフラッグシップセダン!
    投稿者:喜久蔵ラーメン新発売
    個人総合評価:4.1 ★★ ★★ ★★ ★★ ☆
    【このクルマの良い点】 長年の渡ってフルモデルチェンジすることなく愛され続けたセンチュリーですが、こちらのモデルからついにフルモデルチェンジをしています。 これまでのセンチュリーとは一際違い、最新技術と匠の技が融合した唯一無二の存在です。 センチュリーは他の車にはないデザインをしていますが、今回のモデルは日本の伝統と風格を十分に感じる車体に仕上がっています。 一般的には官庁など公用車、社用車として使用されることが多いですが、この格式高い雰囲気を持っているセンチュリーは一般の方からも愛されています。 間違いなく、乗っているだけで「お偉いの方かな?」と多くの人が思う車なので、優越感に浸れるのもこの車の特徴です。 今回から5L V8ハイブリッドとなり、独島の音と力強さで高級車らしい走りを見せてくれます。 やはりお偉い方をのせる公用車なだけあって、乗り心地は抜群で新幹線のようなタイヤで走っている感覚を忘れさせてくれる車といえます。 【総合評価】 歴史がとびきり古いセンチュリーは、お偉いさんをのせる車として変わることなく、ずっと乗り続けられてきた車です。 テレビで官公庁の人も乗っているのを見かけるだけに、特別な車と捉えている人も多いはず。 商用車や社用として使われることが多いものの、一般人の中にもセンチュリー愛好家は多く、一つのステータスにもなっているといえます。 乗り心地は間違いなく一流仕様で、走っていることさえ忘れてしまうくらいの快適で乗りやすい車です。 広さも十分すぎるくらいあり、後部座席に乗った人は「こんな車があるのか」と思うくらい超快適な作りになっています。 超高級車ということもあり、値段は破格の2,000万近くですが、センチュリーにしか出せない高級感・真似できない雰囲気があるため、憧れている人も多い車です。 乗っているだけで注目を集めやすいので、周囲からの視線を集めたい人にはもってこいでしょう。 今後も廃れることはない車と予想されるので、今後も注目です!
  • 国産としては最高峰、ベントレーなみに派手なセンチェリーに期待
    投稿者:ほうおうのハバタキ
    個人総合評価:4.6 ★★ ★★ ★★ ★★ ★
    【所有期間や運転回数】 試乗 【このクルマの良い点】 日本を代表する高級車で乗り心地や静寂性は天下一品作品。スタイルも伝統を受け継いでいてかっこよすぎ。クラウンからミライ、センチェリーからセンチェリー、トヨタの凄味、醍醐味。 【このクルマの気になる点】 セダン皆無状態で別格なセンチェリー、国産最高級車はセンスの塊で完璧。白いセンチェリー、箱根を走る気品?ミライにバトンタッチするべきか? 【総合評価】 先代のV12より比較してかなり劣りますが、現行車では最高峰。高級車としてベントレーと比較対象にはならないセンチェリー、タイヤノイズのおさえはイマイチで高級感は多少うすくてもトータルバランスは素晴らしい作品。
  • 超高級車の代表、世界に誇るセンチェリー、完璧な日本車。
    投稿者:ほうおう一世紀
    個人総合評価:4.0 ★★ ★★ ★★ ★★ ☆
    【所有期間や運転回数】 後席試乗 【このクルマの良い点】 トヨタのフラッグシップセダンセンチェリーに試乗。高級感あるセンチェリーのよさは別格。静寂性から室内の居心地のよさは素晴らしい。スタイルも歴代のデザインを生かしセンチェリーとわかるエクステリアデザインは完璧。付加価値のオンパレードでこれでもかというくらいの装備満載で日本人の作品とわかる。鳳凰のトレードマークは絶品。ハイブリッドエンジンになり実燃費もよく走りも快適。 【このクルマの気になる点】 後席でもタイヤノイズを拾うのは非常に残念。225、60、18インチタイヤは快適さでは一番いいサイズでBSとの共同開発でもノイズ音を感じるのはイマイチ。以前に前モデルの5リッターV12に乗りましたが、静寂性やタイヤノイズ音も気にならず完璧でしたが。価格差がかなりあるにも快適さより他にコストをかけている?静寂性とタイヤノイズは快適さの証、公用車に使用される場面が多ければなおさら、改善するのみ。 【総合評価】 日本のフラッグシップセダンセンチェリー、完璧でなければならない車。熟成して改善する箇所はするべき。V12からV8になっても快適さは求められる車、他の箇所が静かになってきた分、タイヤノイズが目立つようになったのはわかりますが、タイヤノイズ音は不快感が一番ある音。完璧なセンチェリーに期待。

他のレビューもチェックする

  1. 沖縄中古車
  2. 沖縄県の中古車をこだわりの条件から探す
沖縄の中古車選びの新基準 中古車買うならグー鑑定