トヨタハリアーハイブリッドの評価・レビュー|沖縄の中古車探すなら【グーネット沖縄】

トヨタ ハリアーハイブリッド

沖縄県の中古車 トヨタ ハリアーハイブリッド
掲載台数
レビュー数
8 45
グーネット沖縄 本体価格
124.1万円440万円
  • 外観のデザイン・ボディカラー
    評価点:4.2 ★★★★★
  • 内装・インテリアデザイン・質感
    評価点:4.3 ★★★★★
  • 走行性能
    評価点:4.4 ★★★★★
  • 燃費・経済性
    評価点:3.9 ★★★★★
  • 乗り心地
    評価点:4.5 ★★★★★
  • 装備
    評価点:4.2 ★★★★★
  • 価格
    評価点:3.3 ★★★★★

総合評価 4.1

★★★★★

(「普通=3.0」が評価時の基準です)

トヨタ ハリアーハイブリッドのレビュー一覧

車購入

【所有期間または運転回数】1か月 【総合評価】5 【良い点】質問に答えてくれて、あいまいな返事がなかった。 【悪い点】特になし

(投稿者:SOD小僧 投稿日:2021年01月14日)このレビューを見る

総合評価
5.0
★★★★★

これまで8台ほど乗ってきましたが、ダントツ1番の満足度を誇る

【所有期間や運転回数】 購入して半年ですが、本当に飽きが来ないです。 【このクルマの良い点】 ユーザー満足度がとても高く、どこに行っても一目置かれる1台です! 【このクルマの気になる点】 外装、内装、走行万読度は高いものの、装備自体は平成26年にできた車なので、少しだけ装備が。。。 【総合評価】 とても満足な1台です。この先10年乗ってても古さを感じさせない車両です。

(投稿者:K906 投稿日:2020年10月19日)このレビューを見る

総合評価
4.7
★★★★★

日本人受けはいいが、輸入車SUVに習って本物のSUV出して。

【所有期間や運転回数】 拝見。 【このクルマの良い点】 新型ハリアーの実際に乗った方々の評価はトータルでGグレードのハイブリッド車がいい。Zグレードもよく見れば賛否両論、Gグレードが総合的に日本人受けしている。ハイブリッド車は図体からしても充分なエンジンパワーと加速性がありオーナー満足感はある感じ。スタイルは好みですが、前モデルのオーバーハングからしたらかなり纏まりあるデザインになってきた。内装も高級感を出していて国産車にしたら上出来。 【このクルマの気になる点】 トヨタの高級感を売り文句の車にしては、まだまだ高級とはいいがたい?同価格の輸入車の高級感と比べてもイマイチだったり、室内音を遮断しても不快なタイヤノイズを拾ったり、アクセルベダルのナンチャツテオルガンは見えないとはいえ超がっかり。ハイブリッド車の実燃費も都会で走らせるには少々悪い実燃費。レクサス同様、外見の樹脂むきだしやメーターの見にくさ、おもちゃつぽいのはかなりお粗末な作り。日本では売れてるレベルがこの位では残念すぎ。Sグレードもいがいに売れていて価格が被るCH−Rは見向きもせずハリアーの一択で安いグレードでもハリアー欲しい方々はいる。昔に比べて上位グレードと下位グレードの外見差があまりないのはいいが、ガソリンのSグレードでも満足感はあり?カムリのトップグレードよりクラウンの下位グレードでも満足感あるのとは大違いだが。 【総合評価】 上品さや前モデルのダックスフンドデザインからの脱却でよくなりましたが輸入車と比較してもまだまだ高級感はない感じ。それでもうすいヘッドライトや長〜いバックライトは流行を意識してる感じですが、バランスはよくない。鳥をイメージするなら、もうふたひねりほしいエクステリアデザイン。次への期待は大きいが、NAのターボやタイヤハウスとタイヤの間が狭すぎで本来のSUVとはほど遠くシャコタン仕様はありで都会派志向なSUVでもSUVらしさがほしい。最近の輸入車はデザイン性はもちろん、内装や走りもよくなり故障も少なくなればトヨタといえども危うい? 外見の樹脂やアクセルベダルなどなど本物志向で作ってほしい。残価率も購買を後押ししていますが、残価率の疑問がある感じでトヨタ車以外でも高くしていい車はたくさんある。

(投稿者:烏丸とんび。 投稿日:2020年09月27日)このレビューを見る

総合評価
3.3
★★★★★

Gのハイブリッド車がベストだが同価格なら輸入車の選択肢めあり

【所有期間や運転回数】 試乗 【このクルマの良い点】 Gのハイブリッド車が評価が高い?車雑誌やオーナー意見はZよりG、ガソリンよりハイブリッド車に評価がいい。乗ってもバランスがいいのはGのハイブリッド車に感じます。タイヤサイズから室内のタイヤノイズ音、エアコン操作やナビの画面が見やすい。防音材たっぷりな使用の効果はでている。 【このクルマの気になる点】 スタートボタンが左に多いトヨタ車、ハンドル右が押しやすいが改良する気はないみたい?内装色に茶色を使用は馬の鞍のイメージでも若さがない。Cビラーが寝すぎでリアシート高は多少狭くSUV向きはRAV4。テールは往年の名車いすゞフローリアン似は素晴らしいが、かっこ重視でも無駄に長〜い気がする?SUVと言うより背の高い上級ハッチバックの印象が強い。デカイミニバンでエアー載せて走らせるより纏まっていてセダンより広々していて目線が高く見張らしに満足感ありでSUV大ブームはまだまだ続きそう。 【総合評価】 前モデルデザインの好みが多いハリアー、新型も好きずきでも売れている。ハイブリッド車ならオーナー満足感はありG装備が使いやすさや乗り心地がいい印象。マイナーチェンジで評判悪い箇所は改良するトヨタ、マイナー後の変化が楽しみ。マフラーの隠しやウインカー、小さすぎるバックライトやフォグライトなどなど課題はたくさんありそう。万人用が最終モデルになるか?今は残クレで安い価格で買えるからEV車の繋ぎ車としてはいい車か。

(投稿者:若鷲LED 投稿日:2020年09月13日)このレビューを見る

総合評価
3.9
★★★★★

鳥類イメージや馬の鞍など水平展開の塊で纏まり感はないが売れる

【所有期間や運転回数】 Z試乗 【このクルマの良い点】 街中で試乗車以外で走り出してる新型ハリアー、スタイルはやはり賛否両論みたい。フロントくちばし、テールはカイエンやマカン、Iペースばりの初代シルビアライト。ウィンカーを見なければいいスタイルだが。運転中は静寂ですがタイヤノイズ音がやけに気になる。都会派なSUV風は色褪せるタイヤハウス樹脂がなく正解? 【このクルマの気になる点】 Zだと軽く500万円にいく価格設定でも安っぽい箇所やナビの半分機能などと荷室からシートが倒せないのはいただけない。バックから見て下3分の1はいらない?ウィンカーやマフラーやタイコ丸見えとは横一直線テールライトを台無しにしている。新型ハリアーの一番のネック箇所、ウィンカー、フロントウィンカーをシーケンシャルにしなかったりテールウィンカーの位置でトラブルが起きないことを願うばかり。ハリアーのすべてシリーズ、開発陣の戦略みたいですが、トヨタ得意のデビューモデルと末期モデルの差は歴然で価格も安価で買える恐ろしさ。 【総合評価】 都会的とはいえ田舎道で走ってほしいハリアー、国内ライバル車が押さえてるアイテムを掲げ注目をあびているが、輸入車よりはかなり劣っている感じでコストがかけられなくレクサスの存在があるからか。国産セダンが皆無でまったく売れないご時世、SUVラッシュでも救い。セダンの狭さ使いがってが悪く、オジさんのイメージの真逆のSUV、売れる要素は盛りだくさん。ミニバンやトラック系よりかっこいいSUV大人気は続きそう。

(投稿者:鳥やシルビア 投稿日:2020年08月16日)このレビューを見る

総合評価
3.9
★★★★★

自己満足度が高い車。

【所有期間や運転回数】 2代目からの乗換え。 7月下旬納車。 既に700キロ乗ったが燃費はトータル22km/lほど。 【このクルマの良い点】 ハイブリッドを選択して正解だと思わせる静粛性,乗り味はさすがといったところ。 発売当初「数値だけではない心に訴える乗り味」というようなことを宣伝しており,乗るまでは意味不明だったが乗って納得。 個人的にガソリンはなしで,ハイブリッド一択だと思う。 実燃費もよく,満足感が高い。 5歳の娘が毎日乗りたいと言っている。2代目からの進化を5歳の女の子が感じられる車ということか。 【このクルマの気になる点】 やはり,樹脂パーツのチープさが目立つ。 せっかくかっこいいのにもったいない。 ウインカーはご愛敬。 【総合評価】 3代目に乗っていないので比較はできないが,2代目からの乗換えで当然ながらすごく進化を感じる。 ハイブリッドの実燃費がよく,妻の機嫌も良い。 ガソリンと迷うなら多少高価でもハイブリッドがオススメ。試乗すれば分かると思う。

(投稿者:objection 投稿日:2020年07月30日)このレビューを見る

総合評価
4.3
★★★★★

高級志向のSUVハリアー、トヨタの強味だけでは飽きられそう。

【所有期間や運転回数】 試乗 【このクルマの良い点】 スタイルの切れは鋭くかっこいい。走りは2500ハイブリッド車なら文句なしの加速と静かさは絶品。2000ガソリン車とは別物の印象。Zの内装、ナビの大きさや作りは素晴らしい作品。Zのタイヤホイール形状とタイヤのトーヨープログレスはマッチしている。 【このクルマの気になる点】 細目のライトやテールは賛否両論。好みの差。Zの付加価値の塊よりGグレードもよさそう?Zの乗り心地よりGの遍歴率60タイヤがいいか。 【総合評価】 高級SUV志向のハリアー、ハイブリッド車がやはりベスト。実燃費のよさや乗りやすさはヤリスクロスになるが、価格差が大きくて輸入SUVも選択肢に入る。新型ハリアーハイブリッドもいいが輸入車やヤリスクロスも侮れない。

(投稿者:鳶バリアー 投稿日:2020年07月24日)このレビューを見る

総合評価
3.7
★★★★★

価格設定はお高いが日本車の大冒険したデザインは危機感の表れか

【所有期間や運転回数】 Z試乗 【このクルマの良い点】 Zハイブリッド車試乗で新型ハリアーの今回にかけるトヨタの意気込みは感じる。さすがに上級グレードの装備はたくさんあり満足いくレベルで価格もお高い。ハイブリッド車ならストレスなく高級感が味わえて、今トレンドのSUV。エクステリアデザインや内装デザインは好みが別れますが、日本人好みなデザインっぽくてツボをついている。お高くてもZグレードが売れてる意味はわかる。ナビの違いは一目瞭然。 【このクルマの気になる点】 Zグレードのタイヤノイズはやはり気になるしメーターの見映えは安っぽく高級感は全然なし。リアシートの真中にコブがあるのは非常に残念でフラットに出来なかったか不思議。NAエンジンのパワーや燃費の悪さは仕方ない?高級感風を味わうだけで車を楽しむ 走りは全くなく残念。ターボを着けても価格アップや燃費の悪さが増せば売れないし?やはりハイブリッド車になる。 【総合評価】 価格は高いがZグレードハイブリッド車ならまあまあ満足いくレベルなSUV風。都会を転がすにはトヨタ車としてはいい車。SUVの特権でタイヤハウスとタイヤの間が大きく開いていてもかっこ悪くなく乗り心地かいい車に仕上がる。海外のニッサンローグや超かっこいいSUVに対向できる範囲には達していない感じで日本人好みの国内のみの販売で正解か。

(投稿者:ちょうげんぼうちゅうひ 投稿日:2020年06月28日)このレビューを見る

総合評価
3.9
★★★★★

田舎道でもマッチするデザイン重視???な都会派風ハリアー

【所有期間や運転回数】 ディーラー 【このクルマの良い点】 新型ハリアーのエクステリアデザインは鳥のイメージ通りクチバシカラ尾まで流れるラインは前ハリアーより新鮮。Zレザーパッケージはより高級感ありで一度レザーシートを味わうともどれない。一番人気のZ、2駆の白か黒色がメインですが、黒色がマッチしている。ハイブリッドなら走り、実燃費も満足いくレベルでいい買い物。 【このクルマの気になる点】 やはり評判がイマイチのテールウインカーとバックライトはショボい。デザイン重視でも残念すぎ。せめてバックライトの大きさはバランス悪い。マフラーが必要?マフラーないデザインがスッキリしているが? 【総合評価】 バランスいいスタイルで売れる要素はありますが、満足いくハリアーなら500万円以上出さないと無理か?スタイルはレンジっぽいが、本家のヴェラールみたら似て非なる価値観。価格が違うとはいえ万人用スタイルはここまでか? テールのいすゞフローリアンしついるのは傑作作品で売れればいいトヨタ戦略は面白すぎ。

(投稿者:鳥鶏酉 投稿日:2020年06月19日)このレビューを見る

総合評価
3.7
★★★★★

中途半端に迷走したどこにでもあるSUV風ハリアー

【所有期間や運転回数】 末期モデル。 【このクルマの良い点】 内装をエレガントにしてデビューしたハリアーも末期モデル。新型もキープデザインで大きく変更なし。ターボやプログレス追加でデビュー時の反省点が末期モデルには完成?ヨーロッパ車に似たデザインで日本では受けた?トヨタのミドルSUV風に500万円だす価値? 【このクルマの気になる点】 もろドナルドダックデザインで かっこいいとは言えないが、付加価値のオンパレードで持ちこたえた。内装の高級が売りでも高級に見えないのは残念。新型はターボもプログレスも廃止で残念ですが、トヨタの戦略?ハイブリッド車がメインみたいですが、NAとの差がありすぎでターボ追加など迷走していた? 【総合評価】 レクサスデザインに抵抗あればハリアーとはいきずらいが、都会的SUV風に仕立てたハリアー、役不足はあきらか。都会派おしゃれSUVを狙うなら、ヤリスクロスを大きくしてハリアーにしたほうがまだ有り。

(投稿者:時代の先駆車スズキ 投稿日:2020年05月01日)このレビューを見る

総合評価
3.6
★★★★★

45件中 1~10件を表示

ハリアーハイブリッドの中古車を探す

  1. 沖縄中古車
  2. メーカー別クルマレビュー・口コミ
  3. トヨタのレビュー・口コミ一覧
  4. ハリアーハイブリッドのレビュー・口コミ一覧