マツダロードスター ロジーヌさんの評価・レビュー|沖縄の中古車探すなら【グーネット沖縄】

誰でもドライビングの楽しさを体感できる珠玉のクルマ

沖縄県の中古車 マツダ ロードスター
ユーザー
ロジーヌ
所有形態
利用シーン
通勤通学ドライブ趣味
オススメ
走り好き男性若者
特徴
カッコいい操作性
  • 外観のデザイン・ボディカラー
    5.0 ★★★★★
  • 内装・インテリアデザイン・質感
    4.0 ★★★★★
  • 走行性能
    5.0 ★★★★★
  • 燃費・経済性
    3.0 ★★★★★
  • 乗り心地
    4.0 ★★★★★
  • 装備
    3.0 ★★★★★
  • 価格
    3.0 ★★★★★

総合評価 3.9

★ ★ ★ ★ ★

(「普通=3.0」が評価時の基準です)

ロジーヌの評価・レビュー

【このクルマの良い点】
【外観デザイン】
ロードスターは、コンパクトなクルマでありながら、躍動感のあるデザインです。
特に、先代のロードスターよりもフロントノーズが長くなっており、よりスポーツカーらしくなっています。
リアのデザインで印象的なのは、丸型のテールランプです。流行の横基調とは異なっていますが、流線型のボディとマッチしており古臭さを感じることはありません。
また、近年のマツダ車では、共通のグリルデザインとなっていますが、ロードスターは固有のデザインです。
マツダが、ロードスターに特別なこだわりを持っていることがわかります。

【走行性能】
まず、車両重量は約1,000kgと非常に軽量です。また、前後重量配分50:50、全長は短く、全高は低く、ショートホイールベース。
そのため、エンジンは1.5L,132psでありながら、ドライバーがしっかりとクルマの動きを感じながら軽快なドライブができます。まさに人馬一体といった感じを味わえるでしょう。
さらに、ショートストロークのMTのシフトフィールと、オープンカーならではの爽快感でまさに運転を楽しむクルマとなっています。

【総合評価】
【走行性能】
軽量、コンパクトボディで走行性能は、非常に高いです。
走るこだわりを持って作られていることが各所に感じることができます。
エンジンは、132psですが、軽快に吹け上がるので、爽快なドライビングが可能です。

【デザイン】
外観デザインは、流線形でスポーツカーらしい美しいスタイルです。また、人気の塗装色の赤は、高級車のような艶と深みがあります。
内装デザインは、こちらも外観同様シンプルで、メーターが見やすいです。RSでは、アルカンターラとナッパレザーを組み合わせ、よりスポーティー感が演出されています。

【広さ】
走りにこだわったクルマであるだけに、積載性能は求めることはできません。
室内においては2シータースポーツカーであるために、余裕のある空間と言うよりは、包まれる感覚です。
体が大きい人では、リクライニング量・シートスライド量が少ないので、窮屈に感じることもあるかもしれません。
流行りの車中泊は横になって寝ることは、ほぼ不可能です。

クルマに興味がない方、現在ファミリーカーに乗っている人でも、ロードスターに乗ればドライビングの楽しさを味わうことができます。

(投稿日:2022年01月30日)

マツダ ロードスターのレビュー一覧

買いやすい国産コンパクトスポーツカーで信頼性はGOOD。

【このクルマの良い点】 オープンカーの解放感と目線が低くスピード感が味わえる。コンパクトサイズで軽快な走り。定年後のカーライフ選択車に必ず上がるロードスターやジムニーシエラ、ボクスターやフェアレディZなどのスポーツカーと同じように選択肢にはいる素晴らしいスポーツカー。ソフトトップの解放感と回転数7500まで回す爽快感は素晴らしい人馬一体。 【総合評価】 6ATもなかなか面白いパドルシフトで操れるスポーツカー。86と比較される不思議さ?AE86なら軽さや面白さかっこよさなどロードスターと比較できるが86のスタイルではロードスターとは比較にならない。排気量アップしてもRFの2000までならベストでも86の車重アップや排気量アップでは?1500のソフトトップの回す面白さ、パワーを全開に出せるスポーツカーが最高。

(投稿日:2022年05月03日) このレビューを見る

ZZ五十鈴 【ZZ五十鈴】

車の走り、楽しさはファーストカー。スポーツカーのブームNE。

【このクルマの良い点】 バランスよくかっこいいライトウエイトのオープンカー。ソフトトップの気軽さ操作はGOOD。ミッションが売れているが6AT もシーケンシャルシフトで超楽しく都会の渋滞にはベスト。速くはないが軽い車重で車高や目線が低くスピード感はある。 【総合評価】 排気量アップのRF、価格差やオープンの解放感ならソフトトップか?今の時代に2シーターのガソリンスポーツカーは受け入れがたいがロードスターは別格。車が熟成されていて末期モデルではなく最新装備やロックスターに使用されるロードスターはやはり素晴らしい車。ハイオクガソリン仕様は残念だが次期モデルのNEも期待大。

(投稿日:2022年04月09日) このレビューを見る

ZZ五十鈴 【ZZ五十鈴】

コンパクトなスポーツカーの代表格といえばロードスター!

【このクルマの良い点】 コンパクトスポーツカーといえばマツダのロードスター。多くのファンを抱える人気車種の4代目モデルです。 歴代のモデルに負けず劣らずのレーシーな外観は、とにかくカッコいいの一言。一目見て購入を決める方もいるのではないでしょうか? 歴代モデルから継承されている本格的な2シーターは健在。スポーツカーに乗る楽しさをドライバーに感じさせてくれるドライビングシートです。 ミッションも本気度が感じられる6MT。自分の手で加速をコントロールできる操作感は大きな魅力といえます。 1500ccのエンジンですが、アクセルを踏みこめばぐいっと進む力強さ。FRの足回りからは、車体を前へ前へと進めてくれる頼もしさが感じられます。 ハンドリングも俊敏で、峠道でも反応の良い機動力が体感できるはず。軽い車体も手伝って、スイスイと狙ったラインをトレースしてくれるでしょう。 また、ロードスターといえばオープンカーを連想する方も多いはず。本モデルでもオープンカー仕様は健在で、天気の良い日は風を感じながらドライブを楽しめる魅力的な車です。 【総合評価】 マツダのロードスターは、コンパクトさが売りのおしゃれなスポーツカー。4代目のモデルですが、期待を裏切らないボディデザインと走行性能は魅力的です。 ただし、あくまで2シーターのスポーツモデル。日常生活には不向きな面もあります。 2シーターの座席は、大きな荷物を積みこむのは困難でしょう。また、6MTは街中での低速走行では少しもてあます場面もあるかもしれません。 あくまで走りやスポーツカーの質感を楽しみたい方向けの車といえます。 そして、豪快なレーシング性能を体感したい方には少しもの足りない面も。ベースは1500ccのエンジンなので、圧倒的なパワーを感じられる車ではありません。 とはいえ、日常でスポーツ感覚を感じるには充分な味つけ。おしゃれでスポーティーなデザインと、軽量なボディから感じられるスポーツ性能は、スポーツカー入門にも適した一台ともいえるでしょう。

(投稿日:2022年03月25日) このレビューを見る

エンジョイカーライフくん 【エンジョイカーライフくん】

誰でもドライビングの楽しさを体感できる珠玉のクルマ

【このクルマの良い点】 【外観デザイン】 ロードスターは、コンパクトなクルマでありながら、躍動感のあるデザインです。 特に、先代のロードスターよりもフロントノーズが長くなっており、よりスポーツカーらしくなっています。 リアのデザインで印象的なのは、丸型のテールランプです。流行の横基調とは異なっていますが、流線型のボディとマッチしており古臭さを感じることはありません。 また、近年のマツダ車では、共通のグリルデザインとなっていますが、ロードスターは固有のデザインです。 マツダが、ロードスターに特別なこだわりを持っていることがわかります。 【走行性能】 まず、車両重量は約1,000kgと非常に軽量です。また、前後重量配分50:50、全長は短く、全高は低く、ショートホイールベース。 そのため、エンジンは1.5L,132psでありながら、ドライバーがしっかりとクルマの動きを感じながら軽快なドライブができます。まさに人馬一体といった感じを味わえるでしょう。 さらに、ショートストロークのMTのシフトフィールと、オープンカーならではの爽快感でまさに運転を楽しむクルマとなっています。 【総合評価】 【走行性能】 軽量、コンパクトボディで走行性能は、非常に高いです。 走るこだわりを持って作られていることが各所に感じることができます。 エンジンは、132psですが、軽快に吹け上がるので、爽快なドライビングが可能です。 【デザイン】 外観デザインは、流線形でスポーツカーらしい美しいスタイルです。また、人気の塗装色の赤は、高級車のような艶と深みがあります。 内装デザインは、こちらも外観同様シンプルで、メーターが見やすいです。RSでは、アルカンターラとナッパレザーを組み合わせ、よりスポーティー感が演出されています。 【広さ】 走りにこだわったクルマであるだけに、積載性能は求めることはできません。 室内においては2シータースポーツカーであるために、余裕のある空間と言うよりは、包まれる感覚です。 体が大きい人では、リクライニング量・シートスライド量が少ないので、窮屈に感じることもあるかもしれません。 流行りの車中泊は横になって寝ることは、ほぼ不可能です。 クルマに興味がない方、現在ファミリーカーに乗っている人でも、ロードスターに乗ればドライビングの楽しさを味わうことができます。

(投稿日:2022年01月30日) このレビューを見る

ロジーヌ 【ロジーヌ】

これぞまさに人馬一体の車!

【このクルマの良い点】 ユーノス ロードスターの魅力は、なんといってもデザインです。リトラクタブル・ヘッドライトを格納したシンプルな外観、ソフトトップオープン時には標準で装備されるトップブーツで覆うことで、360度どの角度から見ても絵になると思います。 しかも、ライトウェイトスポーツのお手本のようなクルマで、50対50の前後重量配分、小排気量ながら素直に吹き上がる1,600ccのDOHCエンジン、手首を返すだけで操作可能なショートストロークマニュアルミッションなどが特徴。スピードがあまり出せない一般道からワインディング・ロードまで、存分に走りを楽しむことができます。ドライビングテクニックなどと言わず、クルマの挙動が素直に伝わって意のままに操れるところがまさに人馬一体です。 発売当初はシンプルなグレード構成、ボディカラーでしたが、世界的大ヒットのおかげでアフターパーツが次々と発売されたので、エンジン、足廻りなど機能性向上も図れます。 【総合評価】 新車発売当初の車両本体価格が170万円からだったため、若者でも十分に手の届く車として人気でした。また、誰もが乗ってみたいと思う車のひとつでもあったと思います。ただし、オープンカーなので、断熱や保温性能が低く、室内の快適性はよくなかった気がします。 また、現代の車と違い、安全装備や電子制御満載ではありません。ですが、車を運転することの楽しさ、オープンにして風を感じながら走る気持ちよさなど、この車でないと経験できないことがたくさんあったかと思います。 初代モデル登場後30年以上が経過しており、状態のいい中古車も少なくなりました。しかし、未だに根強い人気があり、ネオ・クラッシックカーの部類でレストアされ、市場に再登場する車も多く見られるようになっています。とはいえ、やはり価格的には、かなりのプレミアが付いているようです。この車から、現在所有している車に乗り換えてもう何年も経ちますが、「また乗ってみたい」と思わせる唯一の車です。

(投稿日:2022年01月30日) このレビューを見る

空の上のジェルヴェーズ 【空の上のジェルヴェーズ】

161件中 1~5件を表示

ロードスターの中古車を探す

レビュー一覧へ戻る

メーカーリストへ戻る

  1. 沖縄中古車
  2. メーカー別クルマレビュー・口コミ
  3. マツダのレビュー・口コミ一覧
  4. ロードスターのレビュー・口コミ一覧
  5. ロジーヌさんのレビュー・口コミ