マツダCX-8 KENBOUさんの評価・レビュー|沖縄の中古車探すなら【グーネット沖縄】

SUV車初のミニバン上級豪華仕様 CX-8

沖縄県の中古車 マツダ CX-8
ユーザー
KENBOU
所有形態
家族所有
利用シーン
買物
オススメ
ファミリーシニア走り好き
特徴
広い荷室燃費安全静粛性高級感カッコいいワイルド
  • 外観のデザイン・ボディカラー
    5.0 ★★★★★
  • 内装・インテリアデザイン・質感
    5.0 ★★★★★
  • 走行性能
    5.0 ★★★★★
  • 燃費・経済性
    5.0 ★★★★★
  • 乗り心地
    5.0 ★★★★★
  • 装備
    5.0 ★★★★★
  • 価格
    5.0 ★★★★★
  • 満足度
    5.0 ★★★★★

総合評価 5.0

★ ★ ★ ★ ★

(「普通=3.0」が評価時の基準です)

KENBOUの評価・レビュー

【所有期間または運転回数】
2018年6月〜

【総合評価】
一般にCX−5の兄貴分と思ったら、CX−9の弟分の存在。
理由は、一目瞭然のホイールベース2,930mmで両車同寸法値。
これで、プラットフォーム及び板厚がCX−9をベースにしていることがうかがえる。
違いはご存知の通り、外観寸法が小さく取り回しが軽快な、日本のみの仕様。
CX−4は中国本土のみの仕様だ。
エンジンは、CX−9がガソリン(ハイオク仕様可)の2.5リットル直4DOHCターボのみ。
ガソリン価格高騰する中、CX−8はクリーンディーゼルのみで設定で対抗する。
インテリアはCX−9が7人乗り(2×3×2)に対し、6人乗り(2×2×2)を選択することができる。私は、L−Package AWDを選んだ。
外装色は、カタログ、CM等でお馴染みのマシーングレープレミアムメタリックにした。
ミニバン、セダンの二列目シートの上級豪華さを、国産SUVモデルで設定したのは初めてだ。
CX−9は北米、欧州の輸出向け左ハンドルとなるが、香港は右ハンドルで存在する。
最後にCX−9の進化形が、後発となるCX−8になったと思われる。

【良い点】
上級SUV車に限る。
ミニバン(エスティマ、エルグランド)を卒業し、SUV(CROSSOVER7)、軽自動車(DAYS)を経てCX−8を選択した。安全装置を取り入れた国内唯一のクリーンディーゼル車だ。

【悪い点】
マツダコネクトの画面が7インチと一般的であること。
対ミニバン、そしてボディサイズからして8インチでバランスがとれるのではなかろうか。
いや、全車統一することで、コストダウンを計っているかも知れない。
ちなみにCX−9は8インチ。
私は、考慮した上の結果、メーカーオプションのBOSEとディーラーオプションのリアシートモニターの組合せを選択した。

(投稿日:2018年06月11日)

CX-8の中古車を探す

レビュー一覧へ戻る

メーカーリストへ戻る

  1. 沖縄中古車
  2. メーカー別クルマレビュー・口コミ
  3. マツダのレビュー・口コミ一覧
  4. CX-8のレビュー・口コミ一覧
  5. KENBOUさんのレビュー・口コミ