トヨタサクシードの評価・レビュー|沖縄の中古車探すなら【グーネット沖縄】

トヨタ サクシード

沖縄県の中古車 トヨタ サクシード
掲載台数
レビュー数
0 1
  • 外観のデザイン・ボディカラー
    評価点:3.0 ★★★★★
  • 内装・インテリアデザイン・質感
    評価点:4.0 ★★★★★
  • 走行性能
    評価点:4.0 ★★★★★
  • 燃費・経済性
    評価点:4.0 ★★★★★
  • 乗り心地
    評価点:4.0 ★★★★★
  • 装備
    評価点:4.0 ★★★★★
  • 価格
    評価点:4.0 ★★★★★
  • 満足度
    評価点:4.0 ★★★★★

総合評価 3.9

★★★★★

(「普通=3.0」が評価時の基準です)

トヨタ サクシードのレビュー一覧

ビジネスマンのための動くオフィス

【総合評価】  サクシードのデビューは2002年。以来大きな改良はなかったが、2014年に12年ぶりのマイチェンが実施されている。フロントマスクが大きく変わったので新旧の区別はたやすいが、Aピラーから後ろに大きな変化はない。サクシードのリヤデザインはプロボックスと統合し、リヤコンビランプはプロボックスと共通化。前半分のプラットフォームを一新しながら、同時にコストダウンも図られている。  サクシードのパワーユニットは1.5Lの1NZ−FEにCVTの組み合わせ。ボディが1100?を切ることもあってタウンユースは軽快そのもの。2名乗車+400?の積載としたことで乗り心地は向上し、路面のギャップを通過した際の突き上げがマイルドになっている。電動化されたパワステは操舵が軽く、切り込んだ際の車両の動きは穏やか。ただし、高速ではビシッとした据わりが物足りない。実用域での静粛性は十分だが、加速時はやや太めのノイズが気になる。CVT化されたおかげで燃費は向上し、実際の高速燃費は18〜19km/L。コンパクトクラス並みの経済性だ。 【良い点】  インパネの使い勝手がとくによくなった。なかでも大型化されたテーブルは仕事や食事の際に便利。センタートレイには1L紙パック飲料の入るホルダーも。さらにスマホの収納が可能なマルチホルダーや牛丼弁当3段重ねの可能な買い物フック、AC100V電源、カバンが置けるトレイなど、ビジネスユースとしての使い勝手は抜群。 【悪い点】 旧型にあった大型の灰皿は撤去され、ヘビースモーカーにとっては時代の移り変わりを実感させられるキャビンとなった。

(投稿者:一条 孝 投稿日:2015年02月28日)このレビューを見る

総合評価
3.9
★★★★★

1件中 1〜1件を表示

沖縄県の中古車を新着486台から探す -2017/10/23-

  1. サクシードのレビュー・口コミ一覧