ホンダ ビート 一番気に入っているポイントは・・・お金が掛かるところ!?

  1. 沖縄中古車
  2. Goo Style Club Okinawa
  3. 「沖縄スーパードリフト2012」カスタムカー
  4. CITYさんの愛車

一番気に入っているポイントは・・・お金が掛かるところ!?

ホンダ ビート
ホンダ ビート

ホンダ ビート

CITYさん

年式/平成6年式
グレード/VerZ

外装/フロント:ASレーシング、サイド:ASレーシング、リア:純正 その他/カーボンボンネット 内装/トップレスフリークス、ロールバー、社外センターコンソール、ロールバー、レカロ:SPG タイヤ/ATR-K(F&R:165/16R4) ホイール/COMPETITON

ホンダ ビート

ココがお気に入り

1DINサイズオーディオを装着!

一体型オーディオがビルトインされていて、beat乗りにとって悩みの種がこのセンターコンソール。CITYさんの愛車は、社外ものに交換し1DINサイズをクリア!

 初代シティターボも所有するホンダ党のCITYさん。ジムカーナ用に名車「トゥディ」と迷って購入したのは、ビートだった。しかも希少なVer.Z!ASレーシングのエアロやカーボンボンネットに、トップレスフリークスのロールバーやレカロSP-Gなどモータースポーツに欠かせないアイテムをセット。最近、なんと生産終了から20年近く経っているのも関わらず、メーカー系からも新たにリリースされたという程ビートユーザーにとって共通の悩みである「センターコンソール」を、社外製にコンバート。これで“一体型カセットデッキ”とお別れして、1DINサイズと生活できます。ネット通販で見つけたというセンターマフラーが小粋だ!

沖縄県の中古車をメーカーから探す