ホンダ シティ 愛車自慢なら

  1. Goo-net沖縄 TOP
  2. Goo Style Club Okinawa
  3. 自慢の愛車を紹介してくれたチーム(第2回)
  4. 佐久本興太さんの愛車

父親からのおさがりは軽くて速いし、なにより楽しい

ホンダ シティ
ホンダ シティ

ホンダ シティ

佐久本興太さん

年式/昭和59年式
グレード/ターボU
走行距離/43694km

内装/大森電圧計 タイヤ/フェデラルSS595(F&R185/55R14) ホイール/スパルコ サスペンション/シティプロ用流用 マフラー/スピリットレーシングコブラ

ホンダ シティ

ココがお気に入り

最近のクルマとひと味違います

直線基調のシンプルなデザインは、懐かしさを覚えるが、現代のクルマにはない斬新さもあってインパクト絶大。

 21歳という若さでシティターボU!?という車種選択に驚いたが、「父親からのおさがりなんです」と聞いて納得。しかし、メインの愛車がビートというのも、かなりコアなチョイスであり、クルマ好きにとっては、じつにうらやましいラインアップだ。
 おさがりとはいえ愛着は十分にあるようで、かなり大事に乗っていることは美しい外装からもうかがえる。しかも、最近のクルマは「パワステがあって、逆に違和感がある」という発言が飛び出すなど、良い意味でのクルマ変態ぶりが炸裂(失礼)。次に乗りたいクルマとして、CR-Zか次期型ビートを挙げてくれたが、父親の影響は佐久本さんを単なるクルマ好きにしただけでなく、大のホンダ党にしてしまったようだ。

沖縄県の中古車をメーカーから探す